FC2ブログ

サザえもんヌ


注)記事内に処置前の傷口写真(2・3枚目)があります




なかなかイイ面構えでしょう?


先月末、ある方から、首に怪我をした猫がいるとのご相談を受けました。


 



首の後ろに広範囲にわたって糜爛が見られました。


保護主様はTNRを考えていらっしゃいましたが、まずは治療が最優先。

当会より捕獲器を貸し出し、保護。

現在、受診・治療のお手伝いをしています。




保護主様により〝サザエ〟と名付けられました。
(受診の結果、男子と分かり〝サザえもん〟となりました




まったく人慣れしておらず、目が合うと「うぅぅぅ…」と唸り声。

濡れたペットシーツを交換しようとすると「かーっ!!」と向かってくることもしばしば。


でも、投薬治療を続けた結果、首に当てていたガーゼも取れました。

目や鼻、口元も随分ときれいになり、本来の顔立ちがよく分かります。

サザえもん、きれいなピンク色の鼻先がツンッと上がっていて、フランス人みたいでとっても愛らしいんです!
サザえもんヌと呼ぼうかな

鼻先を撮りたいのですが、なかなか簡単には撮らせてくれません。




フランス人っぽいけど、中身は純和風。

御神酒とお供え物・・・じゃなかった、お水とご飯を差し上げたいのですが、いかがですじゃろか。




サザえもんヌ、先日、保護主様宅へ移りました。


▼保護主様宅


暖かい日差しが差し込むケージで治療継続中。




後日再受診予定です。



ケダマの会では、保護主様を陰ながらお手伝いもしています。
(条件あり・医療費の全額負担や引き取り飼育はしておりません)

保護主様の「この子をなんとか助けたい」というお気持ちと頑張り。
そして、ご支援してくださる皆様、獣医師の先生方とスタッフの皆さんのご理解ご協力、ケダマの会スタッフの存在があってこそです。


ケダマの会は、頑張る保護主さんを応援します!